国分建設に依頼して住まいをゲット|自分に合った住宅で快適な生活を

見取り図

機密性の高い住宅とは

男性

近年の住宅では、高気密住宅が標準となっています。室内の機密性と断熱性を高めることで、外気からの影響を受けにくくすることになります。その結果、室内環境は一定に保ちやすくなり、光熱費も少なくなります。元々北海道で30年ほど前から取り入れられていたものですが、東北地方を中心に広まるようになった経緯があります。高気密住宅で大切なのは、断熱性も高めることです。使用する材質によって熱が伝わりやすかったり、そうではなかったりします。特にガラスや開口部などで断熱性の高い建材を使うことにより、断熱性能が高まることになります。この点に注意しながら高気密住宅としている施工会社のモデルルームを見るなどの工夫が必要です。

高気密住宅は梅雨が無い北海道で誕生したものです。そのために、湿度対策を施した機密処理をしているかを確認することが必要となります。高気密住宅は逆に言えば湿気が室内にこもりやすくなるものです。それを効率的に外に排出できるようにすることが大切です。また、断熱処理を行う場合にも注意が必要となります。暖かい空気は上から、冷たい空気は下から逃げることになります。その場所に応じて適切な断熱材を使うことが必要となります。また結論が発生しにくいように、ペアガラスを使用するなども必要です。一口に高気密住宅と言っても、細部まで確認をして、どこにどんな建材や断熱材が使われているのかをチェックすることが重要となります。